自動継続型定期預金の解約のタイミング

自動継続型定期預金、どのタイミングで解約するのがお得?

定期預金を開設する際には、預け入れの期間や、預け入れる金額などを決めます。合わせて、満期を迎えたときの取り扱いをどうするかも、預け入れの時点で決めることになります。定期預金に満期が来た場合の取り扱いには、2種類あります。それは、満期自動解約と自動継続です。

満期自動解約であれば、満期が来た時点で元金と利息を合計した金額が、満期日中に普通預金に入金されて、それで定期預金は終了ということになります。

それに対して、同じ期間の定期預金に自動的に継続するのが自動継続です。この自動継続にはさらに2種類の継続方法があります。1つが、元利自動継続と言われる方法で、元金と利息を合計した額を次に継続する定期預金の元金とします。もう1つが元金自動継続と言われる方法で、当初の元金のみを継続する定期預金の元金とし、利息は普通預金に入金するものです。

満期自動解約の場合は解約のタイミングを迷うことはないですし、自動継続の定期預金に預けているお金を、当面使う予定がなければそのまま自動継続で問題は無いでしょう。しかし、そのお金を使いたいと思ったときに、自動継続定期預金の場合はどのタイミングで解約すればよいのでしょうか。定期預金は元々、途中で解約すると金利が下がることは皆さんご存じだと思いますが、自動継続定期預金の場合も、何度か満期を迎えているにも関わらず、解約する場合は中途解約の扱いとなるのでしょうか。次は、そのような場合について見ていきます。

一番問題なく解約できる方法としては、自動継続にしている定期預金を満期になるタイミングに合わせて自動解約に変更する方法です。これであれば、当然のことながら中途解約扱いにはなりません。この場合は、満期日を迎える前に金融機関に申し出をしましょう。

しかし、何度か満期を迎えていても、自動継続した後、次の満期日を迎えるまでに解約した場合は、中途解約扱いになります。その場合は、中途解約利率が適応され、元々の定期預金の金利よりも低くなります。ですが、同じ中途解約であっても、解約のタイミングによってはデメリットを減らすこともできます。満期日直前になって中途解約すると、前回の満期日から解約する日までの長い期間に渡って中途解約利率が適用されるので、結果としてそれだけ利息が減ることになります。

しかし、満期日を過ぎてから日が浅いほど、中途解約利率が適用される期間が少なくなるので、利息がそれほど減らなくて済むということになります。そのため、中途解約を考えるのであれば、満期日を考えに入れたうえで解約のタイミングをはかりましょう。

お金が必要な時期によっては解約のタイミングを決めることは難しいかもしれませんが、もし何とかできるのであれば、やはり少しでもデメリットは少なくしたいものです。