外貨預金をするとき豪ドルは有利か

有利なのは豪ドル?外貨預金の実情

外貨預金とは、円ではなく外国の通貨で預金をするというものです。預金なら円でもできるのに、なぜわざわざ外貨での預金を考えるのでしょうか?円でもできることを外貨でするからには、何かメリットがあるはずですよね。

そのメリットとは、外貨預金の方が金利が高いということです。外貨預金にも普通預金と定期預金があり、円預金の場合と同じように、高金利なのは定期預金の方です。中でも、豪ドルはほかの外貨に比べて、金利が高めになっています。それなら、さっそく豪ドルでの外貨定期預金をしてみよう、と思われるかもしれませんが、金利が高いと言うだけで、本当に豪ドルによる外貨定期預金は有利と言えるのでしょうか?

まずは、外貨定期預金全体の実情について見てみましょう。外貨定期預金とは、外国の通貨で預けて外国の通貨で解約するもので、どの外貨にするかを選び、選んだ外貨に円を換金した後、預金を始める形になります。外貨定期預金のメリットは、先ほど述べたように高金利であるということと、円安が進んで円の価値が下がったとき、外貨を保有することで分散投資ができるということです。

逆にデメリットですが、まずは円を外貨に交換する際に、為替手数料がかかることです。この手数料がかなり高く、さらに円から外貨に換金する際だけでなく、外貨から円に戻す際にもこの為替手数料が必要となるので、結果として手数料が二重にかかることになるのです。

また、外貨定期預金は預金保険制度の対象となりません。預金保険制度とは、自分が貯金している銀行が破たんした場合、1000万円以下の預金とその利息に関しては保証されるというものですが、これは外貨預金には適用されません。ここまで見ただけで、外貨預金には確かにメリットもあるけれど、デメリットも大きく、ハイリスクハイリターンであることがおわかりいただけるかと思います。

次に、外貨預金をする際に必ず考えに入れておかなければならないことがあります。それが、為替リスクです。為替リスクとは、預け入れの時よりも円安になると利益が得られる半面、預け入れの時よりも円高が進むと損をするというものです。今後の円高・円安の動きははっきり知ることはできませんので、予想で行動するしかなく、結果として常にリスクを背負っている状態になります。

それでは、外貨預金の際に選ばれる外貨としても人気が高い豪ドルについて見ていきます。この人気の高さは、やはり金利の高さによるもののようです。豪ドルは、他の外貨に比べて確かに金利は高めですが、豪ドル預金の為替手数料は金融機関によってかなり差があるので、注意が必要です。この為替手数料によっては、短期間ですぐに解約すると元本割れする可能性もあります。

次に為替リスクについてです。アメリカドルやユーロに比べて、豪ドル・ニュージーランドドル・カナダドルなどは為替レートの変動が激しいため、リスクが大きくなる可能性があります。

また、オーストラリアに関するニュースは、アメリカやヨーロッパほど多くないので、ネットをうまく使って情報を集める必要があります。このように、金利の高い豪ドルですが、それ以上に不安定要素もあると言えます。

外貨定期預金のリスクを抑える方法として、2つ以上の外貨を組み合わせて持つことと、預けたり引き出したりする時期を分けることが有効であると言われています。金利の高さだけで豪ドルに目を向けるのではなく、外貨預金全体に言えるデメリットを抑えるためにも、外貨預金を考える際には様々な通貨を視野に入れて検討しましょう。