貯蓄をする際の自動引き落としの利用方法

確実に貯蓄がしたい!自動引き落としの上手な利用方法

貯金をしようと思っていたのに、手元にあるうちについ使ってしまったという経験はありませんか?または、給与などが振り込まれる口座にお金を残していたつもりだったのに、クレジットカードなどの支払いをしているうちに、思っていたよりも残高が減っていた、などという経験をした人もいるかもしれませんね。計画的に貯めるのでなければ、確実に貯蓄をするのは難しそうです。

それでは、確実に貯蓄を残すためにはどのようにすればよいのでしょうか。その方法として、給与からの天引きまたは口座自動引き落としによって貯蓄を作るという方法があります。自動積立定期預金という定期預金があるのはご存知ですか?これは、金融機関で申し込みをしておけば、自分が決めた日に普通預金または当座預金から自動引き落としで定期預金に振り替えられるというシステムになっています。

これは自動振り替えともいわれますが、このような形で貯蓄をすれば、確実にお金をためることができますよね。自分で入金する手間もいらないので、後で貯金しようと思っていたけれど面倒になったというようなことも避けられそうです。

1回の積立額は、1万円以上から指定できるという金融機関が多いようです。金融機関によっては、振替日を毎月だけではなく、2か月ごと、半年ごとなどと決められる金融機関もありますので、自分の希望に合わせた自動積立定期預金ができるように、比較してみましょう。

ただし、自動引き落としを利用する場合は、定期預金と普通預金または当座預金の口座は同じ金融機関のものでなければいけませんので、気をつけましょう。また、普通預金や当座預金に残高が足りない場合には積み立てができなくなります。確実に積み立てようと思うのであれば、給与の振込口座を利用して、給与の振込日の直後を振替日としておくと便利です。

さらに、積み立て用の口座を作っておけば、ATMなどを通して追加入金もできます。余裕があるときに追加入金をしておくと、さらに貯蓄額を増やすこともできます。

同じように給与から天引きで貯蓄ができる方法として、財形貯蓄もあります。これは、勤務先を通して積み立てをするという形を取り、税金面での優遇がある場合もあり、さらに各種の融資制度もついています。ただし、会社によっては扱いがなかったり、勤務先を通しての貯蓄であるので、引き出しにくいという問題もありますが、これも自動引き落としで確実に貯蓄を増やすことができる手段の一つです。

このように、自動引き落としを有効活用することで、確実に貯蓄をすることができます。残しておくつもりだったのに使ってしまったというようなことになる前に、確実に貯蓄ができるような体制を整えておきましょう。